男女間トラブル


 

 不貞行為や婚約の不当破棄など男女関係に起因してトラブルが起きた場合、慰謝料請求などの法的問題が生じます。

 

 しかし、このような問題は実際にトラブルが起きてみない限りは実感が沸かないため、事前に知識を持っている方は少なく、ひとたび問題が生じたときには感情も相俟って冷静な判断や対応が難しいことがあります。

 

 このような場合には、第三者の冷静な目から見てどのような対応が望ましいかを検討することが、トラブルの円滑な解決につながることがあります。

 

 

弁護士がお手伝いできること

法律相談

 

 不貞行為や婚約破棄などの問題に直面した場合、請求する側であれ、請求された側であれ、まずは自分の置かれた状況を正確に把握したうえで今後の対応を検討する必要があります。

 

 たとえば、慰謝料を請求したい側であれば、請求の根拠や証拠の強弱、請求の方法、請求の金額などを検討する必要がありますし、請求された側も、相手が主張する内容がどこまで正当なのかについて吟味する必要があります。

 

 このようなときは、弁護士がご本人から事情を伺って現在の状況を整理し、その後の解決に向けてどのような手段を採りうるかアドバイスするすることが可能ですので、まずは法律相談を受けていただくことをお勧めします。

 

 

示談交渉・調停・裁判対応

 

 法律相談を受けて基本的な方向性が定まったとしても、本人同士での交渉がうまくいかない場合や相手に弁護士がついているような場合には弁護士への委任も有効な手段となり得ます。

 

 たとえば、自分で請求してみたものの、不貞相手が関係を否定して慰謝料の支払いを拒んだり、こちらから連絡しても全く対応しないような場合には、弁護士に示談交渉や調停・裁判を依頼することにより解決に繋がることがあります。

 

 他方で請求された側も、そもそも相手の請求の根拠がなかったり、自分に落ち度はあり支払義務は否定できないものの不当に高額な請求がなされているようなケースについては、やはり弁護士の介入によって適切な範囲での解決に収まることもあります。

 

 

関連するコラム(更新順)