相続問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

遺産分割

 遺産をどのように分けるかは相続人の話し合いによって自由に決めることができますが、話し合いをする際の基準となるのが法定相続分です。

 話し合いがまとまらず、裁判所で調停を行う場合には、基本的に法定相続分に従って遺産を分けることになります。

 ただし、法定相続分どおり分けたのでは不公平になるような場合(特別受益:とくべつじゅえき、一部の相続人が披相続人から婚姻または生計の資本としての贈与を受けていた場合、寄与分:きよぶん、一部の相続人が遺産の維持・増加に特別な貢献をしていた場合)には、法定相続分が修正されることもあります。

 遺産分割協議書の作成、代理人として遺産分割協議や遺産分割調停の申し立てをお引き受けします。

<関連するコラム>

「遺産は自由に分けられます!~遺産相続①・遺産分割の基本~」

「遺産分割の登場人物~遺産相続②・法定相続人~」


相続放棄

 亡くなった方にプラスの財産だけがあるとは限りません。借金がある場合には、借金も相続の対象となります。

 相続したくない場合には、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所で相続放棄の手続をとる必要があります。

 相続開始を知ってから3ヶ月以上経過した後になって借金のあることが判明する場合もありますが、この場合でも相続放棄が認められる可能性がありますので、是非ご相談下さい。

<関連するコラム>

「借金も相続しなければならない?~遺産相続③・相続放棄~」