メール予約フォーム

 

【お名前】(必須)

 

 

【ふりがな】(必須)

 

 

【お電話番号】(必須)

- -

 

 

【メールアドレス】(必須)

 

・当事務所への送信後、上記アドレス宛に自動返信メールを送信します。自動返信メールが届かない場合には迷惑メールフィルターにより受信が拒否されている可能性がありますので、送信に使用したパソコンや携帯電話の設定を見直した上で再送信をお願いします。

 

 

【ご住所(市町村まで)】(必須)

 

 

【相談のジャンル】(必須)

 

 

【相談の概要】(必須)※1

 

※1 相談の概要を簡単にご入力ください(15~20字程度)

 

例1 「離婚について相談したい。」

例2 「借金問題を解決したい。」

 

・具体的な記載がない場合は、ご相談の意思がないか勧誘・営業行為とみなし、お申込に対する回答を差し控えさせる場合がありますので、予めご了承ください。

 

 

【過去に担当した所属弁護士】

 

・過去に当事務所の所属弁護士に相談や依頼をされた方はそのときの担当弁護士をご入力ください。

 

 

【紛争の相手方の氏名・名称等】(必須)※2

 

※2 相談のジャンルに応じて入力をお願いします。相手方が複数いる場合には、可能な限りすべて入力をお願いします。

 

①紛争の相手方がいる場合:氏名・名称

(離婚・労働・債権回収・刑事事件等)

②借金問題:「5件約300万円」など

(借入の大まかな内容)

③相続問題:被相続人と相続人の氏名

(分かる範囲で結構です)

④相手方がいない相談:「なし」

(法律顧問・講演依頼など)

 

 

【相手方保険会社(交通事故)】

 

 

【希望日時】

第1希望  (必須)

 

第2希望 

 

第3希望 

 

・○月○日午後○時など具体的に記載してください。

 

 

下記<留意事項及び免責事項>にご同意いただける場合には、下記チェックボックスにチェックを入れて「確認画面へ」をクリックし、内容をご確認の上「送信する」を押してください。

 

本日及び土日祝日を除く3営業日以内(受付日が土日祝日の場合は次の営業日から3営業日以内)に、当事務所よりご予約の可否についてメールでご連絡申し上げます。

 

当事務所からの予約確定のメールが届いた時点で予約が成立致しますので、万が一、当事務所からの連絡がない場合は、お手数ですが営業時間内(平日9:00~17:15)にお電話でお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

 

 

(必須)

 

 

留意事項及び免責事項

本日~3営業日までの間や土日祝日中のお問い合わせについてはご予約の可否を回答できないことがありますので、お急ぎの場合は本予約フォームではなく営業日にお電話でお問い合わせください。

 

・本予約フォームは法律相談の日程調整を目的としており、メールでの法律相談や個別の事案のお問い合わせは一切受け付けておりません(仕様上、送信完了時に受付した旨のメッセージが表示され自動返信メールが届きますが、メール相談をお受けする趣旨ではなく、また、回答をお約束するものではありません)。

 

・事情によりご希望の相談日時にお応えできない場合がございますので,予めご了承願います。その場合は、改めて本フォームにて別の日程をお申し込みいただくか、お電話にてお問い合わせをお願い致します。

 

・再相談をご希望の場合には、「過去に担当した所属弁護士」の欄に、分かる範囲で、①担当弁護士、②前回の相談日、③相談場所をご入力ください。

 

・ご予約のキャンセルは、ご相談日の2日前までにお電話(019-651-3560)でご連絡ください。

 

本予約フォームを利用した勧誘・営業行為は一切お断りしています。相談内容を明示しない予約申込みは勧誘・営業行為と判断し回答を差し控える場合があります。

 

・当事務所は、本フォームを利用した方と既存のお客様との利害が対立するケース(利益相反)や諸事情により対応困難と判断したケースについてご相談をお断りすることがあり、また、当事務所において不適当と判断したお問い合わせに対しては回答しないことがありますが、守秘義務等の見地からその理由は一切開示致しません。

 

・本予約フォームを利用して送信された情報によって弁護士と送信者との関係が発生することはありません。本フォームにより送信されたいかなる情報も弁護士が守秘義務を負う秘密とはならず、また、安全性(ウイルス等)の保証もできかねますので、秘匿性・重要性の高い個人情報(例 口座情報・クレジットカード情報・各種パスワード・個人番号など)は入力しないでください。

 

・本予約フォームの利用により送信者に何らかの損害が発生した場合でも当事務所は一切の責任を負いません。

 

・利害対立(利益相反)の有無を確認するため,借金問題を除いて「紛争の相手方の氏名・名称等」への入力をお願いしています。事前の情報提供がない状態で事務所にお越しいただいた場合、当日に利害対立が判明しご相談やご依頼を謝絶しなければならないことがあり、そのような事態を可能な限り避けるための措置ですので、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。