債務整理・過払金返還請求

このエントリーをはてなブックマークに追加

任意整理

 貸金業者への支払いが難しくなった場合、弁護士が毎月の支払いを減らす交渉をお引き受けします。

 平成22年6月以前には、利息制限法(りそくせいげんほう)の制限を超えた利率で契約している可能性があり、取引の最初から法律で認められた利率によって再計算することで、借金を減額できる場合があります。

 また、制限内の利率で契約している場合であっても、今後の利息をカットする形で支払いを減らすことができる可能性があります。


過払金(かばらいきん)返還請求

 利息制限法の制限利率で再計算した場合に、払い過ぎのお金(過払金)を取り戻せることがあります。

 既に支払いを終えている場合でもお引き受けすることができますが、最後の支払いから10年経過すると取り戻しができなくなりますので、お早めにご相談ください。


自己破産

 収入・資産と借金の額を比べて、支払不能の状態であることを裁判所が認めた場合には、資産を処分して借金額に応じて債権者に配当し、残りの借金について免除(免責:めんせき)してもらうことができます。

 資産は処分することが基本ですが、家財道具の多くや、概ね20万円未満の価値のものであれば処分する必要がないものとされています。

 また、自動車も、ローンが残っておらず古い年式のものであれば残せる場合があります。

 ただし、浪費が激しい場合やギャンブルが借金の中心的な原因になっている場合には、破産しても免責が許可されないことがあります。

<関連するコラム>

「自己破産すると、自動車はなくなるか?~自己破産①~」

「自己破産すると、保険は解約しなければならないのか?~自己破産②~」

「自己破産すると、退職金はどうなるか?~自己破産③~」

「ギャンブルなど浪費がある場合、自己破産できないのか?~自己破産④・免責不許可事由~」

「自己破産できない場合とは?~自己破産⑤・免責不許可事由2~」

「破産管財人の役割とは?~自己破産⑥・破産管財人~」

「自己破産しても手元に残せるものとは?~自己破産⑦・自由財産~」


個人再生

 住宅を残すことができる債務整理手続です。

 住宅ローンを除く債務総額の5分の1(債務総額が100万円以上の場合は最低100万円、ただし所有財産の評価額が100万円を超える場合にはその額)を原則3年(最長5年)以内に支払う計画を立て、計画通り支払った場合に残りの借金を免除してもらうことができます。

 住宅ローンの免除はできませんが、手続期間中の支払いを減らすなど条件変更できる場合があります。

 住宅ローンがないケースであっても、浪費が激しいなど自己破産が不適当な場合に、借金の一部を免除してもらう目的で利用することも可能です。

<関連するコラム>

「自宅を残して負債を整理する方法はあるか?~個人再生~」

「個人再生をすると、負債はどれくらい減るのか?~個人再生②・最低弁済額~」