交通事故

このエントリーをはてなブックマークに追加

 交通事故に遭った場合、今後の治療費の支払いがどうなるか、相手方の保険会社が提示してきたこちら側の落ち度(=過失割合)や示談金額が適正かどうかなど、悩む場面がたくさん生じると思います。

 事故が起きた後の対応が将来の示談交渉や賠償金額に影響を与える場合もありますし、事故の内容によっては、保険会社が提示する示談額が裁判所で認められる金額よりも低いような事案もあります。

 交通事故が起きた直後の対応や保険会社からの提案内容などについて疑問に思うことがある場合には弁護士の知識や経験が役立ちますので、是非当事務所にご相談下さい。

<関連するコラム>

「保険会社からの示談案は果たして妥当か?~交通事故①・3つの基準~」

「入院・通院に対する慰謝料はどのように計算するのか?~交通事故②・入通院慰謝料~」

「後遺障害に対する慰謝料はどのように計算されるのか?~交通事故③・後遺障害慰謝料~」

「整骨院の施術費は払ってもらえるのか?~交通事故④~」

「後遺障害によって前と同じように働けなくなったら、その補償はどうなるか?~交通事故⑤・逸失利益~」

「交通事故で主婦(夫)に後遺障害が残ったら補償はどうなる?~交通事故⑥・家事従事者の逸失利益~」

「交通事故の慰謝料が増額される場合とは?~交通事故⑦・慰謝料の増額事由~」


「弁護士費用特約」について

 交通事故の分野では、ご相談者の方が契約している自動車保険に「弁護士費用特約」がついている場合が多くあります。

 この特約に加入している場合には、事故の加害者に対する損害賠償請求について弁護士に相談する費用や依頼費用をまかなえる場合があります。

 当事務所でも、弁護士費用特約を利用して多くのご依頼をいただいておりますので、交通事故に遭われた場合には、まずご自身の保険の証券や約款を確認することをお勧めします。