離婚問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

 離婚を考えたとき、当面の生活をどうしたらよいか、子どもの親権がどうなるか、養育費はいくら払ってもらえるかなど、様々な問題が降りかかってきます。
 離婚は当事者間での感情的対立が強くなりがちであり、夫婦だけでは冷静に話し合いをすることができず、調停・訴訟が必要になる場合も多くあります。

 離婚の際に親権者がどうなるか、財産分与の対象となる財産や分与の基準はどうなっているのか、どのような場合に慰謝料が認められるかや金額の目安はどうか、養育費や婚姻費用分担の算定基準など、離婚問題は弁護士の知識・経験が役に立ちます。

 相手方との離婚協議をどのように進めていったらいいか迷ったときや、調停や裁判を考えている場合などには、一人で悩まずに是非当事務所にご相談下さい。

<関連するコラム>

「法律相談のススメ ~ 離婚編 ~」

「離婚をするための手続について~離婚①~」

「妻(夫)の住居費用を夫(妻)が負担している場合の婚姻費用・養育費の計算方法~離婚②~」

「(元)妻が実家で暮らしている場合、婚姻費用や養育費の計算はどうなるか?~離婚③~」

婚姻費用・養育費の計算における「収入」とは?~離婚④~」

「財産分与の対象かどうかの基準は?~離婚⑤・財産分与」

「財産分与の対象になるもの、ならないもの・預貯金~離婚⑥・財産分与その2~」

「財産分与の対象になるもの、ならないもの・保険~離婚⑦・財産分与その3~」

「親権者の再婚と養育費の関係~離婚⑧・養子縁組した場合~」

「親権者の再婚と養育費の関係~離婚⑨・養子縁組しない場合~」

非親権者の再婚と養育費の関係~離婚⑩~」

「成人年齢の引き下げと養育費への影響~離婚⑪」