自己破産すると、自動車はなくなるか?~自己破産①~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 岩手県にお住まいの方であれば、自動車は生活必需品に近い物ですので、なくなってしまうのは困りますよね。しかし、ほかに借金もあり、返すのは無理だが、どうしたらよいか・・・。

 そういうご相談を受けることがあります。

 そこで、今回は、タイトルにもあるように【自己破産すると、自動車はなくなるか?】というテーマについてお話します。 

 

<クレジット会社でローンを組んで車を購入し、まだローンが残っている場合>

 この場合、自己破産の結果というよりも、クレジット会社との契約(所有権留保(しょゆうけんりゅうほ)といいます。)に従って自動車が引き揚げられてしまいますので、自動車を残すのは難しいことになります。 

 

<ローンを完済した自動車を持っている人が自己破産した場合>

 この場合は、自己破産をしたことの結果として、自動車は処分されてしまうことになります。

 

<例外的に、自己破産しても自動車が処分されない場合もある>

 もっとも、以下のようなケースでは、例外的に自己破産しても処分されないことがあります。

 

①国産普通自動車の場合 → 初年度登録から6年以上経過したもの
②国産軽自動車の場合  → 初年度登録から4年以上経過したもの

 

 また、①②に当てはまらない新しい自動車や外国車でも、その自動車の価値相当額を用意できれば、その額を納めることで自動車を処分しないですむ場合もあります。

 

 このように、自己破産をした場合には自動車がなくなってしまうのが原則ですが、意外にも自動車を手放さずにすんだというケースは結構あり、当事務所の手掛けたケースでも、多くの方が自動車を手放すことなく自己破産することができています。

 どのような場合に自動車を手放さなくてすむのかについては専門的な判断が必要になりますので、自己破産をお考えの方は当事務所までご相談下さい。

 

弁護士 平本丈之亮